新年度だから 気持ちは切り替えられる?

令和4年度も始まり、岩手県内の各中学校は4/5から4/7にかけて入学式や始業を行うようです。

「新」のつく時・・・新年、新学期、新年度

保護者の方であれば、つい「気持ちを切り替えて、登校してみよう」なんて言ってしまいがちですね。

節目のとき、特に新しい学年になるこの4月は、良いスタートを切って波に乗ってほしいと願うことは当然のことと言えるかもしれません。

ただ、

お子さんのプレッシャーになっていることを忘れてはいけません。大抵のお子さんは、「新」の付くような節目は、大切にしなければならないと分かっているのです。分かっていてもどうすることもできないからこそ、困っているのです。そこに

「とにかく新年度なんだから頑張ろう!」なんて言われたら・・・

 

私は不登校生に限らず、中高生たちに対して「頑張ろう」と意図的に使ってきました。

その時に気をつけていることは、頑張る内容を「無理のない、具体的なものにすること」です。

学校に通えないから困っている子に「さあ、頑張って学校へ行こう」と言って、果たして効果はあるでしょうか?では、「起きたら一度、制服に着替えることを頑張ろう」だったらどうでしょう?

もちろん、その子の状態に合わせて、難し過ぎる内容にはしません。特に最初は簡単なところからスタートします。そしてほんの少しずつハードルを上げながら次のステップへと進んでもらいます。

そうすることで、「できた」という成功体験をたくさん積むことができるのです。

焦ってハードルを上げ過ぎて(高望みして)しまうと失敗の経験ばかりを積んでしまい、ますます理想から遠のいてしまうため、ここは特に注意が必要です。

親御さんは、「焦らないこと」が何よりも大切です。(でもとても難しいことでもありますね)

「できること」「できないこと」「ちょっと頑張ったらできること」をお子さんと話し合いながら、一緒に「ちょっと頑張る」内容を探してみてはいかがでしょうか。

 

新年度、フリースクールは4/12(火)より始まりますが、「 もりさぽtoilet 」はいつでもご利用いただけます。

新年度だからこそ、気持ちが追い詰められてしまうということもあるでしょう。心のゆとりを失う前に、どうぞ「もりさぽtoilet」をご活用ください。

利用は無料ですので、お気軽にご利用くださいね。

Follow me!